役に立った印刷業の営業支援

問題をどのように変えるかが重要

長く印刷業をしていたのですが、ビジネス的に厳しくなって困っていました。
インターネットの影響で紙を使った本の仕事が減ってしまい、このまま行くとまずい形になりそうだと感じていました。
多くの努力をしてみたのですが十分な効果を得られず、自分では対応が難しかったので専門家に相談しました。
話し合ったのは営業支援のサービスを提供している所で、以前広告で見かけて興味を持っていました。
どの程度効果を得られるか心配もありましたが、会社の将来を考えてサービスを利用するために話し合いをしました。
支援をしてくれる会社は最近作られたらしく、若い人が多くて勢いがあると感じました。
事前に連絡をしておいた担当の人と話し合ってみると、こうすれば上手く行くなどのアドバイスを得られました。
担当者と会話していて十分な実力がありそうだったため、短期間の契約をして自社の問題を調べてもらいました。
契約をして数日後に自分の会社に担当者が来て、ビジネスをどう行っているかなど調べました。
印刷をする現場やデザイナーの働く職場などを案内し、今まで行ってきた商売に関する情報も提供しました。
数時間ほどかけて自社の情報を詳しく調べて、担当者は帰りました。
自社のビジネスについて調べてもらってから、数日後にまた担当者が来ました。
以前渡した資料を返してくれたのですが、それ以外にも営業支援の資料を得られました。
相手の話を聞くと自社のビジネスの問題点や、どのように改善するべきか情報を得られました。
自分で考えても気づけなかった問題が、すぐに分かったので頼りになると感じました。
担当者がいうにはアナログでビジネスをしているから、効率が悪くなっていると指摘を受けました。
確かにデジタルデータ化が進んでいなかったため、この問題をどのように変えるかが重要だと気づきました。

問題をどのように変えるかが重要効率よくビジネスができるようになった支援を受けてからは問題が起こりづらくなりました